本文へ移動

まちづくり委員会

活動報告

令和4年度 駒ヶ根市中心市街地まちなか再生事業支援業務の活動報告

2022-12-05

 前年度に引き続き、今年度は国の補助事業も活用して駒ヶ根市のまちづくり支援業務に取組んでいます。前年同様、まちづくり委員会のメンバーが中心となり、地元まちづくり関係者との対話、先進地視察、イベント時の来街者インタビューなどを展開中です。


 本業務を通して以下の気づきを得ました。


• 市街地の空洞化は着実に進行しており、旧来の活性化手法はもはや限界がある。
• 官民連携のもと、街を主体的に運営していく組織と調整力、情報発信が必要とされている。
• 街中の街路空間や空き店舗を上手に活用して催事やサービス等(ソフト事業)を行えば、来街者&商業者&居住者みんなが得する関係性が築けるだろう。
• 街の再生に関して市民の多くは関心が低いが、中には自分事として考える個人がいる。
• 子供や高齢者等は街中での居場所(コミュニティ空間)を希求している。


まちづくりという公益性の高い活動に、全体を見据える俯瞰力、調整力、予見力など建築士の資質がより一層求められる未来を感じています。



まちづくり委員長


公益社団法人
長野県建築士会 上伊那支部
〒396-8666
長野県伊那市荒井3497
伊那合同庁舎伊那建設事務所内
TEL.0265-78-6403
FAX.0265-76-2136
────────────
1.建築関係団体との連携
2.建築行政への協力
3.地域社会活動への参加
────────────
1
4
4
5
4
1
TOPへ戻る