本文へ移動

情報・広報・HP部会

活動報告

『遺したいまちなか』 建築士ながの掲載

2022-03-10
天竜川通船の史跡 - 天竜川船着場

国道153号線、入舟交差点の角、弁財天宮の脇に『天竜川舟着場』の史跡標柱が残っています。
 江戸から明治、天竜川では川の西と東の行き来だけでなく、地域の大量輸送の役目を担う通船が盛んとなったようです。この船着場は、3つの街道の分岐点として、物資をここで船に積み込んで、下伊那地域へ運搬供給したようです。
 そんな通船も、時代の流れとともに、伊那電気鉄道の敷設や荷馬車による運送が発達することで、その役割を終えて消えていったようです。
 船の発着所は形としては残っていませんが、現在の「入舟」という町名に名を残しています。ここには伊那の飲み屋さんが多く集中しています。もう船が集まる場所ではありませんが、多くの人が集まってくる場所となっています。


D.K


公益社団法人
長野県建築士会 上伊那支部
〒396-8666
長野県伊那市荒井3497
伊那合同庁舎伊那建設事務所内
TEL.0265-78-6403
FAX.0265-76-2136
────────────
1.建築関係団体との連携
2.建築行政への協力
3.地域社会活動への参加
────────────
1
4
6
7
2
0
TOPへ戻る